40代でセミリタイア出来るのか!?

日々の資産状況や趣味のサッカー観戦を書き連ねていく日記です。40代独身男の底辺ロールモデルとなるべく日々奮闘します。

【第3節 G大阪vsグランパス戦レビュー】12年ぶりの開幕3連勝!撃ち合いを制して首位キープ

f:id:isis-grampus:20190309172216j:plain


名古屋グランパス開幕3連勝!

開幕2連勝とは言え、上位チームにどれくらい戦えるのか分からない状態。

昨年後半に旋風を巻き起こした、宮本ガンバに勝つことが出来れば今シーズンどれくら戦えるのかの目安となる試合だと思っていました。

 

 

開始35秒で赤﨑秀平の電光石火のゴールを突き刺した時は、今日は大量得点しちゃうんじゃないの?なんて思いましたが、ガンバ大阪は本当に強いチームでどっちに勝敗が転ぶか全く分からないシーソーゲーム。

 

お互い攻撃力を売りにしているチーム同士の対戦だけあって、最初から最後までオープンな打ち合いでとても見ごたえのある試合でした。

 

 

終わってみればシミッチ選手のヘッドと相馬選手のピンポイントクロスで2-3の快勝!

昨シーズンの呪縛から解き放たれました!!

 

 

オウンゴールやPK献上してしまった中谷選手も勝ってホッとしている事でしょう。

 

 

でもあれPKかなあ?

 

 

ガンバ戦は毎回乱打戦になるから面白いですね。

 名古屋のゴール裏声出てましたね~、DAZN組でしたがめちゃめちゃ聞こえました。

 

Match Report

明治安田生命J1リーグ 第3節 ガンバ大阪VS名古屋グランパス

G大阪  2-3   名古屋

<得点>

名古屋:赤崎 秀平、ジョアン シミッチ、オウンゴール

G大阪:オウンゴール、アデミウソン

 

<警告・退場> 

G大阪 矢島 慎也

 

ハイライト

www.youtube.com

フォーメーション 

f:id:isis-grampus:20190309142808j:plain

Pos No. 選手名 交代
GK 16 武田 洋平  
DF 3 櫛引 一紀  
5 千葉 和彦   交代:シャビエル
後半47分
MF 4 小林 裕紀  
9 長谷川 アーリアジャスール  交代:赤﨑
後半26分
FW 28 榎本 大輝  
27 相馬 勇紀   交代:和泉
後半34分

 

 

昨年までは必ずスタメンかリザーブに入っていた前田直輝選手がとうとうベンチにも姿が見えません!

 

グランパスも層が厚くなったものです。

これでマテウス、ネット、青木と、けが人が戻ってきたらACL戦えちゃいますよ。

 

 

代わりに入ったのがルヴァン杯で活躍したガツガツ系ドリブラー、榎本選手。

ボールを持ったらとにかく仕掛けるという積極的な姿勢は、前節での停滞していた攻撃を活性化してくれるのではないでしょうか!

 

長崎で活躍している玉田選手の背番号を受け継いでいるということもポイント高し。

後半のどこかで見たい選手ですねえ。

 

 

勝敗を分けた交代選手のマッチアップ

今日は名古屋とガンバの交代選手の性質の違いが勝敗を分けましたね!

リザーブにジョーカーの存在がいると出てくるだけでワクワクしますよね。

 

適正ポジションを見つけた?長谷川 アーリアジャスール

今シーズンからFWにポジションを移したアーリア選手。

昨年のイメージが強すぎて、またボールを追いかけないんだろうなあ・・。

なんて、見ていましたが

 

 

中身ジョコビッチかよ!

ってくらい走っていました。(ちょいちょいアーリアに戻ってましたが。)

 

 

しっかりと前へボールを運んでくれたり、長い手足をうまく使ってイーブンのボールを収めてくれたりと、後半中々キープが上手くいかなかった名古屋の収まり所として効いていました。

びっくりする事にアーリアが出てから名古屋の攻撃がよりスムーズになりました!

 

元々テクニックのある選手なので、収めた後のプレイもスルーパスだったりサイドに展開だったり時にはヒールでDFの裏を狙ったりと、赤﨑とは違った面白いプレイで、スタジアムを沸かせていました。

 

 

これまでどこで使っても、あまり良さが出ることがありませんでしたが、とうとう適正ポジションを見つけたんじゃないんですか?

あとはシュート意識がもっとあれば、名古屋の新しい武器として活躍してくれるのではないでしょうか!

まさかあの距離で吉田とワンツーするとは思いませんでした・・。

 

それにしてもアーリアがセカンドトップとして開花するなんて、風間監督の魔改造はどうなってるんでしょうw

 

止まらない不敗神話 相馬 勇紀

そして名古屋の不敗神話男、相馬選手。

もうこの人が出たら負けないと思ってしまうくらいのお守りです。

 

 

ガンバ大阪はオ ジェソク選手から攻撃的な米倉選手に代わったことで、相手選手へのプレッシャーが緩くなってしまい、そこをシャビエル選手と相馬選手がうまく使えましたね。

 

前半はオ ジェソク選手のところで、和泉選手のの突破がほとんど潰されていたので、裏に抜けるシーンがほとんど見られませんでした。

強かったですよね~、巧くターンしたと思っても食いついてきます。

名古屋としてはオ ジェソク選手の方がやりにくかったのではないでしょうか?

 

 

スペースがある時の相馬選手は、とにかく前への推進力が強い!

多少ぶつかっても、重心の低いドリブルと持ち前の体幹でぐいぐい前に進めるので、後半に出てくると期待しかないです。

 

 

シャビエルの股抜きパスからドリブルで持ち込んでの低いクロスはオウンゴールではありましたが、どっちにしろファーのジョーが詰めていたので実質相馬選手のアシストでいいんじゃないですかね!

 

リーグ屈指の攻撃力ガンバ大阪

やはり怖かったのが今野選手、遠藤選手。

ベテランボランチがきっちりと仕事をしていましたね。

 

今野選手は相変わらずいやらしいポジショニングをするし、遠藤選手もペナルティエリア前でボールを持つと点に繋がるようなパスをビシバシ出していました。

正直交代した時はホッとしました!

 

テンポ良く攻撃を組み立ててゴールに向かっていく迫力はリーグでも屈指なのではないでしょうか?

 

 意外だったのは、結構シンプルに裏に出すパスが多かったですよね? 

これが名古屋にはかなり効いてましたね・・特にアデミウソンのスピードに全然付いていけなくてギリギリのところで跳ね返した感じです。

宮本ガンバは今年も要注意。

 

 

あと、倉田選手。

 

めっちゃいい、欲しい。

 

次はFC東京戦!待ってろ永井!!

 

合わせて読みたい

www.isis-grampus.work